Monthly Archives: 2月 2019

HACCPは私たちの食生活に直結しています

HACCPとは「Hazard Analysis Critical Control Point」の頭文字をとったものです。
わかりやすくお伝えすると、異物混入や食中毒菌汚染などの危害となる要因を把握して、食品に携わる事業者の方々が自らで全ての工程(原材料入荷から製品出荷まで)を管理して製品の安全性を確保するための衛生管理方法となります。
もともとはアメリカで宇宙食品の安全性を確保し、管理するために始まったものですが、それが各国に広まり、1993年には食品規格委員会がガイトラインを作成したといわれています。
そして現在HACCPは、食品の安全性を担保するための国際基準となっています。
各国では着々とHACCPを導入し食品安全の向上を計っていますが、日本では人手不足などが原因で導入が遅れているのが現状です。
日本では現在、食品に携わる事業者向けにHACCP導入は義務付けられてはおりませんが、平成30年6月13日に公布された改正食品衛生法ではHACCP制度化が含まれ、本改正は実質的なHACCP導入の義務化への段階的なステップとも報道されました。
その背景には、高齢者の増加、インバウンドの増加、そして2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催があるようです。
国際標準となっているHACCPを制度として定着させることにより、食品安全の向上が狙いとなっています。

Category: ISO