Monthly Archives: 7月 2018

2018年3月12日に発行された「ISO45001」とは?

ISO45001は、世界初の労働安全衛生の国際規格で、2018年3月12日に発行されました。労働安全衛生では初で、大規模・小規模どの組織にも適しており、組織にとって最も重要な資産である ”人” を守る国際規格です。ISO45001規格を導入することで、安全かつ健康的な職場環境の構築、事故・労働災害および病気の予防、継続的な労働安全衛生のパフォーマンスの向上などが可能になります。現在国内には、OHSAS18001や厚生労働省の「労働安全衛生マネジメントシステムの指針」、中央労働災害防止協会などの業界団体が定めるガイドラインをはじめ、多くの標準(規格類)が存在しており、初のこの国際規格に注目が集まっています。

企業はISO45001を取得することで、組織の継続的改善により、安全文化のスパイラルアップにつなげることが可能となります。ISO45001は、業種・業態を問わず、あらゆる組織が利用し、認証を取得することができます。

国際規格ISO45001の狙いは何か?

ISO45001は、次の点を実現するための労働安全衛生マネジメントシステムの要求事項を定めています。
1.労働安全衛生パフォーマンスを向上させる
2.労働に関連する負傷および疾病を防止する
3.安全で健康的な職場を提供する

従来は、「労働安全衛生活動」というと、危険源に付随するリスクダウン活動、法律に基づく健康診断や衛生管理が中心でした。

しかし、日本国内においては、少なからぬ企業において、労働安全衛生上下記のことが課題となっていると言えます。

1.過重労働・ストレスに起因するメンタルヘルス管理
2.それらの温床になっているブラック企業の問題
3.働く人の意識の変化

これらのことにより、組織は、労働環境課題に即した取組みをしていくことの重要性が高まっています。これらの課題をおろそかにすると、組織の存続、労働者の確保が、難しい状況になり得ます。 さらに、海外の動向として、次の2点は看過できません。

1.グローバル企業でのサプライヤー(中国、アジア)での、劣悪労働環境を発端にした不買運動
2.組織を訴訟から守るための、労働安全衛生管理の強化

これらのことが海外では重要視されています。日本の組織にも、海外取引先より、労働安全衛生管理の仕組みが問われる場面が増加しています。ISO45001の規格は、これらの課題を管理し、改善し、更に向上する為の仕組みづくり、また、仕組みの適合性証明になり得ると考えられます。

ISO45001には、ISO9001の2015年版などと同様、共通テキスト(Annex SL)が採用されています。つまり他のISO規格との整合性・両立性があるため、すでにISO認証を取得している組織は、労働安全衛生システムを比較的容易に構築することができます。また、ISO45001は他の多くの国際規格と同様に幅広く採用されているOHSAS 18001に換わる新しい規格となります。OHSAS 18001の認証を取得している組織の新規格への移行期間は3年間となっており、OHSAS18001が失効される2021年3月までとなります。

ISO45001認証取得の効果として、次のことが挙げられます。
1.良好な職場環境の構築
2.法令順守(コンプライアンス)の推進
3.従業員の満足度やモチベーション向上
4.社会的信頼の獲得
5.海外企業を含む取引要件の達成
6.企業競争力の強化

当社では、ISO9001(またはISO 14001)とISO45001を同時に取得支援することが可能です。ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

Category: ISO

飲食業界におけるHACCP導入のメリット

既に前回の記事でご紹介した通り、HACCP(ハサップ)とは製品の安全性を確保するための衛生管理の手法であり、日本国内でも2020年に向けてHACCPに関するさまざまな取り組みが行われています。

実際、食品製造業界では既に多くの企業がHACCPに基づく衛生管理を行っていますが、飲食業界においてはまだまだこれからといったところ。その理由として、食品製造業界とは異なり飲食業界にとってのHACCP導入のメリットがわかりにくいといった点が挙げられるでしょう。そこで今回は飲食業界がHACCPに基づく衛生管理手法を導入することに対するメリットについて詳しくご説明してみます。

まず、厚生労働省が実施した「HACCPの普及・導入支援のための実態調査について」にて判明したHACCP導入のメリットを見てみましょう。

➀社員の衛生管理に対する意識が向上した:78.2%

②社外に対して自社の衛生管理について根拠を持ってアピールできるようになった:43.1%

③製品に不具合が生じた場合の対応が迅速に行えるようになった:37.7%

④クレーム・事故が減少した:32.3%

⑤ロス率が下がった:10.1%

⑥HACCPを求める事業者(小売業者等)との取引先が増えた:9.7%

⑦生産効率が上がった:9.0%

出典:HACCPの普及・導入支援のための実態調査について

このうち、③⑥⑦については製造業における固有のメリットとなりますが、その他の項目については飲食業界にも当てはまる内容となっています。

つまり、飲食業界におけるHACCP導入のメリットは主に社員の意識改革や社外(お客様)に対するアピールであると言えますね。

では、より具体的にそのメリットを見ていきましょう。

そもそもHACCPは一般的衛生管理の5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)や7S(5S+洗浄・殺菌)を継続的に監視するという内容を含んでいます。つまり、業務効率の向上や食中毒の防止、経費節減など飲食業界においても多くのメリットを享受することができる内容なのです。

ここ数年、いわゆる「バイトテロ」といわれるアルバイトによる非衛生行為により飲食店が廃業に追い込まれる事例が相次いでいます。これはそもそもアルバイトが衛生観念を十分に理解していないという点に原因があります。つまり、何が非衛生的であり、何が食中毒を招くかを理解できていないということ。単に「手を洗いなさい」「アルコールで消毒しなさい」と指導するだけでは十分な理解を得られないのです。

従って、HACCPに基づく体系的な指導や導入後のPDCAをしっかりと行うことで衛生管理を深く理解することが可能となり、アルバイトの「無謀な」行為を防止することが可能となります。

同時に、食中毒発生による営業停止やお客様の被害を未然に防ぐことも可能となります。HACCPに基づく衛生管理手法の導入により、お客様に提供する前に異常に気が付くケースが増え、結果的にこれら異常事態の防止につながるのです。万が一重大な事故が発生した際にも、各作業工程が記録・監視されているために原因追及が素早く行え、再発防止策の立案が容易となります。

規模の大小を問わず、HACCPの導入は衛生管理体制の整備はもとより経営改善の第一歩にもつながります。導入には手間がかかりますが、専門のコンサルタントに相談するなどして本業の支障にならないように導入することも可能。自社のリソースを有効に活用するためにも、HACCPコンサルタントに一度相談してみるとよいでしょう。

Category: ISO