7.1資源 EMS活動における必要な資源を決定し提供する

2017年11月15日

2015年版ISO14001では、7.1として新たに「資源」に関する項目が明記されています。旧2004年版においては、4.1.1「資源、役割、責任及び権限」において規定されていましたが、今回の改定により若干の変更が加えられています。

具体的には、2004年度版において明記されていた”資源の例”が削除されています。というのも、2015年版ISO14001全体を通して模範的要求事項が削除されており、EMS活動における具体的な事例を条文内に明記することなく、導入企業それぞれの事情にあわせて自ら考えさせるという趣旨に基づいているためです。

7.1「資源」の条文ですが

 

組織は、環境マネジメントシステムの確立、実施、維持、および継続的改善に必要な資源を決定し、提供しなければならない

 

となっています。

 

なお2004年版から削除された文言は以下の通りです。

 

資源には人的資源および専門的な技能、組織のインフラストラクチャー、技術ならびに資金を含む

 

では、2015年版の7.1「資源」がどのような内容であるか見ていきましょう。

 

通常、”資源”というと経営資源である”ヒト・モノ・カネ”を連想する方が多いでしょう。その解釈でも間違いはないのですが、ISO14001においてはより具体的に活用する資源を設定する必要があります。一例として以下のようなものがEMS活動における”資源”となります。

 

◇人的資源・・・社内のスタッフや外部の専門家など(専門的な技能及び知識を含む)

◇天然資源・・・水や燃料、エネルギーなど

◇インフラストラクチャー・・・設備や施設、地下タンク及び排水システムなど

◇技術・・・環境関連技術を含む自社が保有し、利用できる技術など

◇資金・・・資源に必要な費用など

 

このように、EMS活動の確立、実施、維持及び継続的な改善のためにこれらの資源を複合的に組み合わせ推進していく必要があるのです。

なお、EMS活動に取り組む企業においては、これらの資源は単にマニュアルに明記するだけではISO14001の要件を満たしているとこにはなりません。ISO14001では繰り返しPDCAサイクルに関しての要求事項が明記されています。この資源についても、次章以降に規定されている7.2「力量」、7.3「認識」、7.4「コミュニケーション」、7.5「文書化した情報」とあわせてPDCAサイクルに組み込み効率的に運用していく必要があります。

企業においては、2004年版の4.1.1「資源、役割、責任及び権限」にて規定した”資源”を今一度見直し、2015年版の趣旨に照らし合わせて再度規定する必要があるでしょう。「決められたことが実施されているか」ではなく、「望ましい結果が出ているか」が重要視される2015年版ならではの改定ポイントと言えそうです。

Category: ISO