ISO14001:2015 「4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解」とは?

2017年5月17日

こんにちは。新人スタッフのJです。
昨日の勉強会は、ISO14001:2015の「4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理」についてでした。
まずは箇条の引用です。
「ISO14001:2015 4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理解
組織は、次の事項を決定しなければならない。
a)環境マネジメントシステムに関連する利害関係者
b)それらの利害関係者の、関連するニーズ及び期待(すなわち、要求事項)
c)それらのニーズ及び期待のうち、組織の遵守義務となるもの
※太字は新規で追加になった項目」

「環境マネジメントシステムに関連する利害関係者」には、地域社会、行政、株主、金融機関、顧客、所属業界団体、協力会社、社員といった人たちが該当すると考えられます。
どの立場の人たちまでを利害関係者に含めるかは、それらの人々から寄せられる「ニーズ及び期待」の大きさや重要性を勘案して決めれば良いのだそうです。
そして、b)では、それら利害関係者が自分たちに何を求め、期待しているのかを把握する。また、c)では、b)の中で遵守義務に絡むもの、つまり法令に関係するものを把握しておくことを求めています。
「ニーズ及び期待」には、遵守義務があるものと、遵守するかしないかが組織の主体性に任されているものの2種類があるということです。c)は前者であり、「6.1.3順守義務」の対象になります。
この「4.2 利害関係者のニーズ及び期待の理」を含む「4組織の状況」や「5リーダーシップ」は、トップマネジメントの積極的な関与が求められるのだそうです。
審査時のトップマネジメントへのインタビューには、以前よりも多くの時間が割かれるとのこと。
ですので、トップマネジメントは、この改訂を機に自社のISO14001の目的やこれまでの成果をしっかり振り返った上で、今後ISO14001で何を実現したいのか整理しておくべきです。
この項も文書化の要求がないとのことで、事務局やスタッフの方々の頭の中での認識でよいということになるのだそうです。

また、この項は、EMS(環境マネジメントシステム)の運用が独りよがりになることを警戒して、それを戒めるような内容になっていると推測されるとのことでした。なるほどだと思いました!
私たちは、持ちつ持たれつの共存共栄の社会を目指しています。その中で、企業は「社会の公器」であると。「社会の公器」とは、かの松下幸之助さんの言葉で、「企業は自分たちだけの利益を追求するのではなく、社会全体・公の利益にも適う必要があり、そのようにふるまわなくてはいけない」という意味なのだそうです。お恥ずかしながら知りませんでした。
企業を社会全体で育てていくためにも、関係者を明確にし、それらのニーズと期待を把握しなければならないということなんですね。
今回もとても勉強になりました!

Category: ISO